2007年12月27日

Doujin Music Chart 2007

先日のFree Music Chart 2007と同じ形式でベスト10を選んでみました。5個に絞るのは無理でした。

■注意
・現在入手困難な作品を含みます。御了承下さい。
・CD以外のWEBで公開中の作品も含みます。ただしストリーミング公開のみの作品、動画作品は対象外。
・リスト順≠順位
・できるだけ多くのお気に入りを載せられるように、同一CD・作者からの重複は控えました。
・つまり何がいいたいかというと、バカ正直にベスト選ぶと全部「やなぎなぎ」関連になるということですw

Top-10 Songs

Heliodor Recordings "Bloom" (CD『Bloom』収録|DTM作曲コンテストにてフル版公開中)
 - 民族系の趣きと、勢いのある歌声、和洋折衷の不思議歌詞。

NanosizeMir "青空の記憶" (NanosizeMirにて公開中)
 - これも民族系。力強い歌声も魅力。男女ツインボーカルというのもポイント高い。

Wind Ark "風のすむ街" (Wind Arkにて公開中)
 - いつもと違う歌い方。

やなぎなぎ "双子のみる夢" (WEBアルバム『Leonis』収録)
 - ギターが聴けて大満足。

encounter+ "凛花、そより" (CD『コハナとボウの森 -Initial01:Little Malchut-』収録)
 - 聴くと元気出ます。バックコーラスの流歌さんが良い。

いのちここのつ "クラウンギア" (CD『トーティシェル』収録)
 - 神曲。大好きな曲。

CLOCK MUSIC "駿太" (CD『駿太/雪の轍』収録)
 - 犬の話。疾走感。光景が目に浮かぶ歌詞。

Rising Sun Nova "天地雷鳴" (CD『Shadow's Promenade』収録)
 - 和風。中盤の展開に鳥肌。

binaria "erial final"(CD『ALHAJA』収録)
 - 既に3作出てるが、やはり最も印象に残ってるのは1作目のコレ。

ABSOLUTE CASTAWAY "さくらの季節"(CD『季ノ唄』収録)
- 何という和風。上手い。

Aliced Twilightz "Take me to the sea"(CD『Girls Festa '07』収録)
 - ノリの良さがクセになる。


Top-10 CD Release

Pizzicato Strings 『ストレリチア』
 - 新ボーカルには期待と不安半々だったが、開けてみればビックリの完成度。

ピクセルビー 『空の色、春の色』
 - 明るい曲、切ない曲のバランスが良い。

岸田教団&The明星ロケッツ 『幻想事変』
 - 燃える!

Aliced Twilightz 『Girls Festa '07』
 - 一作目として驚きのクオリティ。

Aliced Twilightz 『Ascenseur』
 - AOR!AOR!

いのちここのつ 『トーティシェル』
 - 神CD。誰が何と言おうと神CD。

encounter+ 『コハナとボウの森 -Initial01:Little Malchut-』
 - 粒揃いの良作。

透明少女 『FRUITS ETRANGES』
 - ダーク系で統一された良質コンピレーション。素敵ブレイクビーツ。

ドCROWS 『STRANGE RANGE』
 - カオス。面白い。全曲フル版公開中。

amo 『World Connecting Tomorrow』
 - 隠れた良作。独特。


Top-10 Circles ※来年も注目してみたい作者・サークル
Aliced Twilightz
binaria
Crystal Sphere
encounter+
Locus Note
NanoSizeMir
Pizzicato Strings
Rising Sun Nova
やなぎなぎ
岸田教団



以上!

posted by kai at 18:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 同人音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/74967329
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。