2008年04月10日

[game] ルセッティアとか

先日犬と猫リミットレスビットを購入したものの、今までの同サークルの作品と比べるとバランスがキツめで、また基本的にキャラが使い捨てであることもあり、プレイしていてもイマイチ楽しくないため、残念ながら途中で断念。金の収支バランスを気にしてばかりの窮屈で退屈なプレイになりがちで、疲れてしまった。

かわりに、気になっていたルセッティアの体験版をプレイ中。アイテム屋経営ゲーム。

通りをスタスタ歩くキャラクタ達を見て気づいたが、ベースが「だんじょん商店会」そのまま。販売時の交渉とかも。冒険者に武器を売ると、それを装備してダンジョンに来てくれるのも同じ。

「だんじょん商店会」では、序盤に標準価格より高く売ろうとすると即交渉決裂だったが(初期は標準以下で沢山売るほうが良い)、これはそこまで厳しくない様子。店を開けば、確実に数回はアイテムを売るチャンスがあるのもありがたい。「だんじょん商店会」では陳列できるアイテム数が少ないだけでなく、店に入店してくれる人数も時間のわりに少ないため大変だった。

ダンジョンも悪くない。「だんじょん商店会」はシンボルエンカウントのコマンド戦闘RPG型だったが、こちらはアクション。サクサク進めて快適。

イベントシーンのテンポが悪いのが気になるが、金稼ぎやアイテム集めの楽しさ、快適な操作性など熱中させる要素は手堅く揃ってる印象。
ああ、これはハマるのも分かる気がする・・・w


posted by kai at 23:11 | Comment(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月15日

[game] Portal

Valve,NVIDIAユーザー専用の「Portal」デモ版をリリース(4Gamer.net)
2007年注目作だったPortalですが、途中まで遊べるデモ版が出ました。
落としてないので分かりませんが、10レベルまで遊べるらしいです。

興味持ったら、Portal Wikiの購入ガイドを参考に買っちゃうのがいいと思います。

ドラマチックロード
アレンジモードは無事クリア。最後の2ステージがキツかった。強まりすぎのラスボスに唖然としたが、数回の挑戦で何とか撃破。
結局、総ターン数は906もかかったわけですが、公式BBSでは、なんと579ターンでクリアしてる人が。どうすればそんなに早くなるんだろう・・・。

それと、修正パッチVer1.6が出てます。バグ修正のほか、マスターパックなしでもライトモードが遊べるようになっています。

ライトモードを少しやってみましたが、獲得経験値が変わってるのを確認しました。オリジナルモードではステージ1で一人敵を倒すと経験値は33だったのですが、それが34になってます。たった1の差ですが、3人倒してレベルが上がるか上がらないかの違いは結構大きいです。
posted by kai at 00:32 | Comment(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月02日

[game] ドラマチックロード マスターパック

ドラマチックロード マスターパック
本編に、お手軽難度の「ライトモード」と高難度の「アレンジモード」、登場キャラクターの詳細設定を見られる「プロフィールモード」の3つを追加できるアップデータと、ディスク特典の「完全攻略データ集」と「サウンドトラック」を収録した追加ディスク。

C73にて購入し、早速プレイ中なのでネタバレにならない程度に紹介。

・完全攻略データ集
-システム解説編
戦闘計算式や、状態異常、敵思考パターンなどの詳細がまとめられている。

-キャラクター編
味方ユニットの初期レベル・クラス・パラメータおよび成長率、解説が書かれている。やはり注目すべきは成長率だろう。だが、極端に成長率が低いユニットは数えるほどしかおらず、それもキャラクタの見た目や初期クラスなどである程度予測はつくので、普通にプレイするだけならば成長率は知らなくても問題ない。

私が実際にプレイしたデータから集計した成長率と照らし合わせてみたが、極端に違うものは殆どないものの、5〜10の違いは頻繁にあるという、至って順当な結果になった。

-アイテムデータ編
ゲーム中に確認できるデータをまとめてあるだけなので、当然ながら目新しい情報はない。ただし、各アイテムに一行メモが付記されており、参考になる。

アレンジモードにて新登場のアイテムについての記載はない。

-マップ攻略編
攻略サイト管理人としては、この項が最も気になっていたところだ。開発者直伝の手取り足取りの詳細攻略でもあろうものなら、私の汗と涙の結晶である攻略サイトの存在意義が消滅してしまうっ!

と、恐る恐るページを開いてみたが、どのステージについても3行程度の簡単なアドバイスと新規加入ユニット、獲得アイテムが書いてあるだけだった。あえて最低限の内容にとどめてあるのだろう。

というわけで、途中で詰まった方には、当方の攻略サイトも合わせて見てみることをオススメする。


・サウンドトラック
全ての曲を微調整・再録音したとのこと。未使用曲2曲を含む全39曲。曲ごとに製作者コメントが添えられている。

# Tr09『Meeting』、Tr10『Challenge』、Tr31『Challenge 〜二輪部の挑戦〜』、Tr35『決意』、エンディング曲あたりが感慨深い。


・最終版更新ファイル
最終バージョンのEXE。ゲームスタート時に「ライト」「オリジナル」「アレンジ」の3つの難度から選択できるようになっている。

また、スタートメニューに「PROFILE」が追加されており、味方キャラのレベルが規定値(キャラごとに異なる。25または30)に達すると詳細設定がオープンする仕組み。レベル条件判定は、ゲームプレイ中のデータセーブ時に毎回行われる。よって、いちいち最後までクリアする必要はなく、適当に終盤のセーブからやり直して、特定のユニットを集中的に使えば、条件はすぐに達成できるはずだ。ただしダンサーは、獲得経験値の少ない「踊る」コマンドだけでは日が暮れてしまう。強力な武器を買い与えて前線で戦わせるのが得策だろう。二人とも、防御以外のパラメータは優秀のはず。

アレンジモードについて。
購入アイテムが一部オリジナルと変わっている。オリジナルで大変便利だったアイテムが別のものに変更されている。射程が1違うだけで、こんなにも使いにくくなるのか、と驚かされる。また、宝箱の中身も大幅に変わっていることに注意したい。

ただし、ゲーム全体に対して劇的なアレンジが施されるわけではない。「変更自体は些細なものだが、それが意外と戦略に響いてくる」といったアレンジ具合。これはこれで上手い。(20面までプレイした時点での印象)

ネタバレなのでここでは詳しく触れない。詳細は攻略サイト内のアレンジモードを参照のこと。
posted by kai at 16:20 | Comment(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[game] タイムリープアクション「よつパラ!」フリー化

タイムリープアクション「よつパラ!」フリー公開(心太)
年明け早々デカいネタが。

マウス操作の弾幕STG『弾幕姉妹』で御馴染みの心太が、過去の自分と協力して仕掛けを解いていくサイドビューのアクション『よつパラ!』をフリー公開。2005年頒布の作品です。

システムは、やってみれば直ぐに理解できると思います。オススメです。

# にしても、弾幕姉妹フリー公開から1年経ってたのか。早いな・・・。
posted by kai at 15:03 | Comment(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月26日

[game] 特攻空母ベルーガとか

特攻空母ベルーガ(昭和枯れオタク経由)
色数の少ないレトロテイストの横STG。1ボタン+十字キー押下の組み合わせで武器の使い分け、2ボタンで振り向きが可能。

武器の使い分けが面白い。全8エリアらしいが、はやくも2面で苦戦中。ムズいけど面白い。
# 画面左端で更に左へ移動しようとするとスクロールが戻るのは珍しい。

・ニコニコにプレイ動画上がってました。
松島徹氏最新作「BELUGA mkII 特攻空母ベルーガ」
http://www.nicovideo.jp/watch/sm1859220

こちらにも紹介記事。

・再配布okらしいので公開。
https://ka1.up.seesaa.net/image/beluga.zip
(中身は本体とマニュアルのみ。EXEから即プレイ可。)


ドラマチックロード
数週間放置していた「女ユニットオンリークリア」を完遂。
女ユニットオンリーといいながら、主人公である平野タケシは使ってます。使わないと序盤クリアできません。ラスボスも倒せそうにありません。かわりといっては何ですが、アイテムマスターの秘具を一切使わずにクリアしてみました。意外となんとかなるものです。

というわけで、通算4回もクリアしてしまった。最初の2回は普通にクリア、3回目は男ユニットのみ、今回は女ユニット(+主人公使用+秘具不使用)。

あ、3周目以降はAlquadeで8倍速プレイしました。本作はマウス操作かつターン制のSRPGなので、倍速との相性は良いです。純粋に時間の短縮になります。(ただし、会話イベントからの復帰時などに不具合が発生する可能性はあります)

さて、これでC73にて頒布される『ドラマチックロード マスターパック』の迎撃準備は完了したといえよう。さあ来い「高難易度・アレンジモード」!
posted by kai at 22:25 | Comment(2) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月02日

[game] Portal

「Portal」が素晴らしい
パズル系FPS。ハーフライフ2オレンジボックス収録。内容については公式のトレイラー参照。一目瞭然。

先日購入したが、プレイしはじめたら途中でやめられなくなって一気にクリアしてしまった。面白かった。

「ワープホールを自在に作れる」というポータルデバイスのアイディアの面白さはもとより、解き方を段階的に学べるように良く配慮されたレベルデザイン、適度な難度と突破時の爽快感を併せ持つ謎解き、無機質な実験ルームと無慈悲なコンピュータボイスによる不穏な空気感、壁の落書きなどで演出される不気味で謎めいた世界観、終盤の劇的な展開、ケーキ、パズル系でありながら緊張感あふれる戦闘シーン、そしてラストの1曲!

いろいろな要素が詰まってて飽きさせない。クリアまで5時間程度だったが、満足度は高い。かなり完成された良作だと思う。オススメ!

参考:
Portal Wiki
posted by kai at 02:41 | Comment(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月08日

ドラマチックロード攻略

■ドラマチックロード攻略
相変わらずチマチマと加筆してますが、検索経由で見に来る人が増えて来てる模様。冬コミでも頒布するらしいし、SRPG好きはさっさと買って挑戦すればいいと思うよ。

そんななか、2回目の全面クリア達成。前回より楽勝。資金の無駄使いを極力しないように進めたところ、39面で資金が45000という潤沢具合。
主力メンバにAランク武器を与えつつ、防具ランクも殆どAランクまで上げられたので最終面までラクラク。39面や40面の増援でレベル上げが出来たほどに余裕だった。

2回クリアしたんで、味方の成長率を集計して表にしてみた。鞘上 藍と広澤 りえの成長率高すぎ。羽田 早月はダンサーなのに力上がりすぎw
posted by kai at 22:46 | Comment(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月22日

[game] 『ドラマチックロード 二輪部の挑戦』DL販売開始&攻略サイト作ったよー

『ドラマチックロード 二輪部の挑戦』ダウンロード販売開始
というわけで、DiGiket.comにてダウンロード販売が開始されました。

そしてーッ、

『ドラマチックロード 二輪部の挑戦』体験版Ver0.5公開
製品版購入ページの右下「無料体験版等」からDLできます。Vectorの体験版はVer0.4です。Ver0.5では、ステージ10までプレイ可能になり、本編へのセーブ引き継ぎも可能とのこと。

さらにーッ、

『ドラマチックロード 二輪部の挑戦』攻略サイト公開
我ながら、なんというタイミングの良さ。DL販売の話なぞ一切知らずに、先週から密かに作ってたのに。
# しかも開発者さんに報告した日が、ちょうど開発者さんの誕生日という偶然。

攻略サイトがあることですし、本作が気になってた人は心置きなく買っちゃって、是非ともプレイしてみてくださいよってことで。


■というわけで、
攻略サイトというものを初めて作ってみたわけだが、やっぱり手間かかる。楽しいけど。プレイ中のメモをもとに作ったが、抜けが多いこと多いこと。プレイし直して逐一確認したいが、そこまで時間を取れないのが実状。
自分の思い入れがかなり入った文章なので、情報のみのドライな攻略記事には全くならなかったが、まあそれはそれで。このぐらいの情報量があれば何かしらの役には立つだろうと信じたい。

■文章を書くことで
多少なりとも支援ができれば幸いである。ゲームでも音楽でも。

自分は、サイトで記事にするか、リンクを張るぐらいしか、好きな作品、好きな人の応援の仕方を知らないので。
posted by kai at 17:30 | Comment(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月09日

[game] 「ドラマチックロード」クリア

「ドラマチックロード」全面クリア
クリアしたーッ!

下の記事書いた後、前の面からやり直して被害2で再挑戦したところ、何とかなった!まず全軍で南下、下の敵を一掃し、次に北から進軍してくる歴代ボス軍団らを迎撃、全滅させたころに間髪いれず左右から大量の敵増援発生、それらを無視してラスボスめがけて北へ駆け上がり、撃破されるのを覚悟でラスボスに総攻撃、という流れ。

しかしホントにギリギリだった・・・。

なんと、ラスボスのHPが1残った!
しかもラスボスに攻撃の届く味方がいない!という状況に陥った。

というときに、アイテムマスターの持っていた残り回数一回のカミカゼブースターの存在に気がつき、後方を守っていたアイアンベース(ジェネラル)に使って移動力増強し、何とかボスの横にたどり着いて最後の一撃を命中させてクリア。

偶然の神展開に噴いたwどんだけドラマチックなんだよw

いやあ、それも含めて緊張感のあるラストだった。初見は絶望的なステージだったが、意外と何とかなるものだ(←こればっかり言ってる気がする)

エンディングでは、全味方が二言三言ずつ会話シーンがあり、最後には撃破数ランキングと戦果が表示される。

・ランキング(15位まで)、ついでに寸評も。

 1 大川 祥子
ヒロインの人。ご想像の通り飛行系ユニット。パーティー分割時は一方のリーダーになるため、撃破数が多いのも当然か。2回攻撃の固有技が便利。素早いので最大4回連続攻撃も可能。中盤は攻撃力不足に悩むが、防御力の低い魔法系ユニットの撃破などに重宝。

 2 広澤 あや
育ててなかったらクリアできなかったキャラその1。お気に入り。
ボクサー。ボクサーはこのゲームには必須の存在。カウンタースキルが強力すぎる。生命拳+カウンターの組み合わせは相性が良い。
頼りない妹を守る姉がボクサー、という設定は好きだ。

 3 荻原 淳二
序盤に仲間になるため、育てやすく、結局最後まで使った。
クラスチェンジすると超術を使うウォーロックになるため、終盤に手に入る超術のSランク武器を宝の持ち腐れにしたくなければ、育てておくべき。特に思い入れはないが、地味メガネな至ってフツーの顔グラは嫌いじゃないw

 4 平野 タケシ
主人公。クラスチェンジしてから本領発揮。一転して、頼れるキャラに進化する。そして、全編通して重要なのが「カリスマ」のスキル。周囲ユニットの命中率+10、CRT+5はかなり効果が高い。

 5 広澤 りえ
育ててなかったらクリアできなかったキャラその2。お気に入り。
レベル1の最弱女アーマーナイト。だが、成長率が高いので地道に育てていけば最強ユニットに変貌する。

 6 三枝 香織
お気に入り。序盤に仲間になるバーバリアン。不良=バーバリアンという現代化は上手いと思った。刃系装備は、ベースボールキラーや見切りの刃、射程3のハイレベルダガーなど特殊な武器が多いため、いろいろな局面で応用が利く。ただし命中率の低さが辛い。命中するまでリセットを繰り返すこともしばしば。

 7 萩原 さとみ
ウィザード。序盤に仲間になるので、そのまま最後まで使った。技術の低さに泣かされるが、ロングピジョーンによる超長距離攻撃は、中盤で大いに役立った。特にボス戦。

 8 山之井 慎
スナイパー。直感の伸びが良いため、クリティカルをよく出してくれた。反面速さが伸びないため、2回攻撃ができず、終盤はダメージ調整に使う程度だった。ボールのSランク装備はこのキャラに持たせたが、広澤りえに覚えさせても良かったかもしれない。

 9 鞘上 藍
ソルジャー。初期装備のマジカルモップが大活躍。守備は低いが、技速さ運の伸びがよいため、よく当ててよく避ける頼れるキャラに成長する。ソルジャーはクラスチェンジできないのが難点だが、このゲームではクラスチェンジしなくてもレベル制限があるわけではないので、さほど問題ない。

 10 嵯峨山父
モビルマスター。高い防御力を誇る飛行ユニット。壁を作る際に大活躍。囮としても使える。

 11 ジョイ
シーフ。このゲームでは「盗む」システムは存在せず、宝箱の絶対数も少ないため不要と思われがちだが、刃系武器を装備できるため、育てておいて損はない。前述のバーバリアンと比べて速さが高いため、前線で活躍できるのはシーフの方か。「ジョイくん」と呼んでしまうのは俺だけか。

 12 伊藤 ハルカ 
オートライダー。FEで言うところのアベル。力と防御が低すぎるため、序盤の成長具合によっては即効でベンチ入りになる。実際、コノキャラに限らず、騎馬系はほとんど使えなかった。

 13 怪盗フクロネズミ
シーフのオッサン。ジョイくんの説得に必要なため、ある程度は育てて
おくと吉。強くはない。

 14 Mr.ミシシッピ
ウィザード。特に思い入れなし。

 15 城崎 レナ
ベースバッター。お気に入り。
命中率の高い女性専用武器レディースバットを所有しているので、男ベースバッターよりも使いやすい。さらにレベル29まで行けばレディースブレイドに進化するので、安心して育てられる。

・総合戦果
総ターン数 836
総被撃破数 22
総LVアップ数 668
仲間キャラ数 45/45

この戦果、どの程度の腕前なのだろうか。総合ランク評価でも表示してもらえるとありがたかったのだが。他の人の成績も見てみたい。

というわけで、やっとこさクリア。何度か詰まって挫折しそうになったが、あきらめずにプレイして良かった。面白かった。

もう一回プレイしようかな。
posted by kai at 23:46 | Comment(1) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[game] 20070909

奇譚イワナガ
シューティングツクール95製の横スクロールACT。平たく言うと「罪と罰」。EASYはすんなりクリアできたが、NORMALは厳しい。

ドラマチックロード
前面で4人の犠牲者を出しつつ、やっと最終面まで到達。これがまたとんでもないマップ。最終面含むラスト3面は連戦なので、出撃メンバの入れ替えも初期配置の調整すらもできないのに、ボスクラスの敵に四方を完全に包囲された状態で開始される地獄絵図。包囲を抜けた先にはラスボスがいるが、このラスボス自体が全パラメータがほぼMAXという隙のなさ。どう考えても味方の人数、能力が足りてない。

ところで、主人公だけでなく、ヒロインのマスターウィングと二輪部OBのアイテムマスターの二人が倒されても即ゲームオーバーになるのはいかがなものか。そんなに守りきれない。

ここまでは戦略立てて何とかやってこれたけど、この面はいくらなんでも・・・。やり方の見当がつかない。

といいつつ、クリアできると信じて挑戦中。
posted by kai at 20:14 | Comment(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月27日

[game] ドラマチックロード

■ドラマチックロード
あ、ありえん・・・。28話無理だ・・・。

以下、クラス名などはエムブレムに置き換え。

重要アイテム奪還のために敵拠点に潜入することを余儀なくされた自軍別働隊。敵拠点周囲には高レベルの防衛隊が居並び(全部上級クラス&ロングシューター&リブロー2体)、敵拠点側面の潜入口にはボスクラスの強力ユニットが3体(剣士、アーマー、スナイパー)待ち構えており、この3体は攻撃を仕掛けない限り動いてくれない。ただし自軍のシューターで長距離から攻撃を加えても動かない。

潜入口に自軍リーダーが到達すればマップクリアだが、それより前に潜入口に到達した自軍ユニットのみが、次の29面に参加できる。29面は29面でジェネラルとバーサーカーがテンコ盛りの鬼のような面。

防衛隊は射程範囲に自軍が入ると一斉に動き出す。

クリアターン制限が30で、10ターン目から25ターン目までマップ北西からパラディンが2匹ずつ沸く。その近くに民家があり、訪問するとワープの杖が手に入る。増援ポイントは防衛隊の射程範囲内。

自軍にはワープもレスキューもサイレスも、さらには「とりもち砲」(敵移動力永久半減)、「カミカゼブースター」(自軍移動力永久+3)、「マイクロショック」(敵1ターン行動不能)などまであるが、レスキューは夜間マップでは使用不可。そしてこの面は夜マップ。またこれらの特殊な魔法は、自軍リーダーしか使用できない。自軍にはダンサーが一人いるので、1ターンに最大2回これらの魔法が使えることになる。

マップ中央には横に壁が立っており、敵拠点が上部真ん中にあり、自軍初期位置は下半分の真ん中。÷のような状態。

潜入口の周囲は防衛隊だらけのため、防衛隊の射程範囲に入らないように潜入口に到達できるのは、下手すると1ターンに一人。

以上から、おそらく、真ん中の壁の周囲を反時計周りに回って、敵を誘導しながら手薄になった潜入口に飛び込むという、トラキア第4章「地下牢獄」と同じような戦法を取る必要があるのだろう。
しかし、それでもし防衛隊が全員誘導できたとしても、3人組の処理はいったいどうすればいいのか・・・。

# もうトラキアどころじゃないなあ。挫けそうだ。

追記:
とか言いつつクリアできたw

ウィングライダーがいなかったら無理だった。
前衛の敵を処理後、移動力を増強したウィングライダーで左上の民家を訪問した後、自軍ユニットをマップ中央右に集結させておく。
ここまで10ターン。
ウィングライダーをビル沿いに移動させ、守備隊をマップ左側へ誘導。
ここで注意すべきは敵の行動順序。防衛隊の面々よりもパラディンの方が先であるため、パラディンの再行動スキルによる連続攻撃を食らわないような位置を選んで待機しなければならない。また、ビルの上を移動できるバーサーカーにも注意する必要がある。
あとは都合の良い位置に留まり、死なない程度にHPを回復していればok。増援のパラディンも、ウィングライダーに近づきたくても近づけずにウロウロするだけになる。

残るは潜入口の3人組の処理。
移動力増強したSナイトの間接攻撃でおびき寄せつつ、移動力半減と1ターン行動不能を駆使して3人の歩調を乱し、各個撃破。スナイパーは狭い路地に追い込んで両側を挟むと安全に倒せる。(3人全員に移動力半減をかけて、潜入口から少しずつ誘導して引き剥がせば更に安全。)

最後は潜入口近くのシューターの射程範囲に気をつけながら順次潜入。
ウィングライダーは残念ながら置き去り(撃破されたことにはならない)。

意外にスンナリ行けた。しかし疲れた・・・。
posted by kai at 22:31 | Comment(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月28日

[game] 「EFFY」「海洋レストラン☆海猫亭」

EFFY one of unreasonable "if"
待ちに待ったraiders sphereのユーザ作成ミッション。以前アプロダで公開されていたが、全13話になって帰ってきた。

急速機首上げや超高速ブーストなどの特殊ギミックを使った戦闘は、本編にはない面白さ。小憎らしいAIに、「地上物ロックオン速度が異常に遅い」という欠点を設定するのも上手い。

先の展開が気になるが、NORMAL3面で苦戦中。

海洋レストラン☆海猫亭

『レミュオールの錬金術師』の作者の新作。今回はシェアウェア。
さっそく購入してプレイ中だが、今回はアイテム大量増加でかなりのボリューム。そして相変わらずの中毒性。危うく徹夜しそうになった。
posted by kai at 21:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月31日

[game] 今年のベスト

ベストを書けるほど数多くやっていないというのが正直なところ。今年前半は遊んでる暇なかったんで・・・。

コンシューマで推したかったのが『大神』。プレイしはじめてすぐ惚れた。しかし結局、未クリアのまま新年を迎えることに。無念。

同人。これは『ティルキッス』で決まり。手に汗握る劇的なストーリー展開。魅力あふれるキャラクター。極めてシンプルだが、稼ぎ要素や複数の難度設定により戦略性と緊張感を成り立たせている戦闘システム。隠しダンジョンや2周目までフォローした至れりつくせりな親切設計。これを完成度が高いといわずして何という。

フリーでは『Demolition Gunner』(3分版、完成版どちらも)。次点で『GALSHELL2』。どちらもSTGなのはご愛嬌。奇しくも両者とも左右スクロール。もりだくさんの地上敵。スペースキーで即リトライ。

『Demolition Gunner』にはホンキでハマった。ナパーム高速移動による切り返しに惚れ、気がつけばSHOOTNG GODノーミスクリア達成。ワンプレイ3分という短さが中毒性に拍車をかけていた。完成版も完成版というだけあり、大変やりごたえのある内容だった。

『GALSHELL2』は、破壊の爽快感がズバ抜けている。「ここはどこですか?『蝕』ですか?」と言いたくなるほど地獄絵図。右も左も魑魅魍魎。そんなキモグロい敵のパーツを次々と削ぎ落とし、丸裸にして撃破していく爽快感がたまらない。
発射間隔の分かりやすいシンプルな敵攻撃パターンのおかげで、ゴチャゴチャした見にくい画面でも何とか生き残れてしまうバランスの妙。
その『男のロマン』とやら、確かに受け取ったッ!と言いたい。

そんな感じ。

以上。 

とりあえずこのへんで新年を迎えます。
posted by kai at 22:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月21日

[game] 大神

やっぱり「八犬士」出たー!と、一時は喜んだものの、ほとんど見せ場がなくてガッカリ。まさか赤カブトとの戦いについてこないとは思わなんだorz

で、オロチとの決戦にさしかかる辺りまで来たが、ここで中盤ぐらいか。
「はぐれ珠」の取得状況から考えても、まだまだ先は長そうだが・・・。プレイ時間は12時間程度。
posted by kai at 01:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月19日

[game] 大神

中ボス的なのを倒したところまで。アマテラスのあられもない姿に笑った。

筆しらべが面白い。敵を斬ったり、花を咲かせたりとやや地味目なのもあれば、爆弾など派手なものもあり、飽きさせない。特に「蔓」の筆しらべはダイナミックすぎて笑った。

梅太郎(わんこ)が「仁」の玉を付けてるのを見て、もしかして・・・と今後の展開に期待しまくり。このゲームは、動物好き、犬好きにはたまらんものがある。

posted by kai at 00:28 | Comment(2) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月15日

[game] 大神

大神
ベスト版買ってきてプレイ中。3時間ぐらいやったが、かなり楽しい。
ワンコが首傾げたり、話聞いてなかったりするだけで面白がる俺は単純すぎか。

筆しらべは意外と回数を要求されて実は面倒くさいが、爽快感ある操作と演出のおかげで気にならない。さすがネイチャーアドベンチャーと言うだけある。

とあるデモシーンで、アマテラス(わんこ)の尻の穴が見えてて笑った。あるのかよw尻といえばサクヤも凄いことになってて笑った。このゲームは後ろ姿が侮れんな!
posted by kai at 01:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月28日

『RaidersSphere Other missions』完成記念ムービー

■『RaidersSphere Other missions』完成記念宣伝ムービー公開
(情報源:RSごった煮ディスク開発部屋

http://www.geocities.jp/mossgrownstone/data/rso_netbattle_tzadyn.wmv

先日マスターアップの報があった『RaidersSphere Other missions』(ユーザ参加のオリジナルミッション集)の完成を記念しての空戦ムービー、とのこと。各ミッションに登場する機体?が多数見られるのでネタバレ注意。

それと、ムービー最初に「Kai作」とありますが、私ではありません。お間違えのないよう。(おそらく「Kail作」の誤植ではないかと)

私は、RSOを心待ちにしている単なる一Raiders乗りでございます。当方発進準備万端でございます。年末のRSO発売が楽しみでなりません。ショップ委託も確定(公式の開発日記より)なのに、冬コミに行ってしまいそうな勢い。



# RaidersSphereには毎度驚かされる。同人とは思えない高いクオリティで登場した一作目から、ミッション数の倍増やネット対戦、さらにはミッションエディタと新作が出るたびに進化してきたRSシリーズ。今後の可能性をユーザに委ねるミッションエディタの存在だけでも、われわれRSファンに対する素晴らしい置き土産、ひとつのシリーズ作品の終わらせ方としてこれほど美しいものはないと思っていたが、まさかここにきてミッション集まで発売となるとは・・・。
posted by kai at 17:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月23日

[ARPG] 『ティルキッス』クリア

『ティルキッス』

EASYクリア。終盤は強力な武器のおかげで比較的簡単になるものの、それまでは結構苦戦。ボス戦まで体力魔力を温存しておかないと、ボス戦に耐えられなくなる危険性あり。ザコ戦でも気が抜けないという点では良バランスか。

ストーリーは、体験版の出来を見て期待した通りの完成度。テキストが上手く、各キャラが立っているため会話シーンが楽しかった。とはいえ中盤以降は、そんな楽しい楽しいと呑気に言っていられない展開なのだが。

ティルキッスの喜怒哀楽のハッキリした性格とコロコロ変わる顔グラフィックが上手いことマッチしてて魅力的。見てて微笑ましい。そのぶん感情が振り切れたときのインパクトは大きい。
# 3章は辛い。「やめて〜、これ以上ティルを追い込まないで〜」とか思うことしきり;

うむ。面白かった。これは良いゲームだ。オススメする。

終わったら寂しくなったゲームは久々。NORMALでやり直すか。
やり直してもどうせすぐ詰まるけどな!

備考
・ボス戦は弾幕STG的だが、ザコ戦は接近戦のアクション。攻撃タイミングや間合いが重要。このザコ戦でのミスが積もり積もって、結果的にボス戦でどうにもならなくなる可能性はなきにしもあらず。ボス戦は概して長期戦のため、全くのノーミスで切り抜けるのは恐らく困難。ということでアクション苦手な人は素直にEASYを選択する方が吉。
・イベントで貰えるアイテムを取り逃した場合の救済措置アリ。
posted by kai at 22:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[ARPG] 『ティルキッス』

『ティルキッス』
EASYでやり直し。ということで文句の多い記事(しかも2話と3話を間違えてた)はひとまず削除。

EASY、ラクラク。ストーリーに集中できるから、やはりEASYの方が全然良い。
体験版で多少やったことあるからといって、NORMALを選ぶのは危険。ボス戦が全体的に長期戦で、弾避けもシビア(自機判定が大きめ)。NORMALというよりHARDの感触。

それと、アイテムもらえるイベントは時期限定なので注意。魔法一個取り逃したorz
posted by kai at 12:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月01日

アリスソフト、配布フリー宣言更新

アリスソフト、配布フリー宣言更新RetroPC.net

おおっ、Rance4、闘神都市2とか鬼畜王ランスとか、良作が大量に!
アンビヴァレンツも超懐かしい。あのOPはカッコ良かった。
# アンビヴァレンツのマニュアルか何かのスタッフコメントに影響されて、某ビジュアル系の音楽に一時期ハマったりしたのは昔の話です忘れてください。

詳しくはリンク先参照のこと。

posted by kai at 23:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。